Archive | 1月, 2010

リフレッシュ

Tags: , , , ,

リフレッシュ

Posted on 25 1月 2010 by nishikawa yoshiyasu

way to the kindergarten久しぶりに「たろうs.net」(子供写真のブログ)を更新。

「たろうs.net」は表向きは毎日更新だが、いろいろ作業が立て込んで忙しくなると、一週間以上まとめて更新になってしまいます。。

今回は、11日分まとめて更新しました。一枚一枚日付を変えてアップしているので、毎日更新のように偽装しています(笑)。

本当は、まだまだ作業が溜まっているので、子供の写真をアップしている場合じゃないけど、リフレッシュ、リフレッシュ!

自分が撮った写真を、一枚一枚じっくり観るのは、その時自分が何を考えてシャッターを切っていたのかを再考するために、必要な作業だと思います。どんなに時間がなくても、自分の写真(ほとんど子供の写真だが)を撮って、たくさん自分の写真を観るのが、一番の気分転換だと思います。

Comments (0)

Tags: , , ,

同学年

Posted on 14 1月 2010 by nishikawa yoshiyasu

来週、オリジナル・ラヴのライブに行くので、久しぶりにいろいろ曲を聴き始めました。

オリジナル・ラヴの田島貴男は、ピチカート・ファイヴで活動していた時期があり、YouTubeで久しぶりにその頃の曲を聴きました。 いまの田島貴男もいいですが、こっちの方が好きかな。1988年から1990年だから、今から20年前になるんですね。でも、全く古さを感じず、かえって新鮮に聴こえます。

名作「ベリッシマ」のCDは持っていましたが、実家のどこかに眠っているかもしれません。探せば見つかるかもしれませんが、実家は遠いので、思わずアマゾンで注文してしまいました。ついでに、2004年に発売されたベスト盤も。

来週のライブでも、昔の曲をいろいろやってくれるといいな。

ちなみに、田島貴男と私は同学年(丙午)なので、とても親近感が湧きます。ライブで、力を振り絞って歌っているの見ると、「自分ももっといろいろやらんとな」と思います。

Comments (0)

成人式

Tags: , , ,

成人式

Posted on 11 1月 2010 by nishikawa yoshiyasu

成人式昨年より、地元の生涯学習の写真教室のお手伝いをしており、時々地元行事の写真撮影を頼まれます。今日は、教室のおっちゃん、おばちゃんたちと成人式を撮影しました。

自分は、大学生の頃は関東に出ており、地元の成人式には出なかったので、成人式を見るのは今日が初めてでした。

よく成人式では、酒を飲んだり、大騒ぎをすると言われていますが、今日の成人式は至って健全でした。少々騒ぐグループがいましたが、羽目を外すといったほどではありませんでした。

校内暴力花盛りの中学時代を経験した自分にとっては、なんかおとなしいなという印象でした。もっと、メチャクチャ暴れてもいいのになと思ってしまいました(主催者側は大変ですが)。

しかし、毎年日付が変わり、今年は1月11日が成人の日というのは、しっくり来ませんね。

*写真は、TiltShift Generatorを使って遊んでいます。

Comments (0)

Tags:

現在、リニューアル作業中

Posted on 10 1月 2010 by nishikawa yoshiyasu

このサイトは、まだまだリニューアル作業中です。

サイト構成、デザイン等、日々変化していくかもしれませんが、落ち着くまでしばしお待ちください。

なお、以前のサイト(2006年1月〜2009年6月まで運用)は、そのままこちらに移動しています。

また、このサイトの詳細については、about をご覧ください。

Comments (0)

Tags: , , , ,

手軽な機材で映画が撮れる時代

Posted on 10 1月 2010 by nishikawa yoshiyasu

偶然見つけた、EOS 7Dで撮影したショート・ドキュメンタリー映像。フィリピンをフィリピン人が撮影しているみたいだが、なかなかいい感じ。フィリピンの内面がよく出ている。

一昨年後半、EOS 5D markIIが出てから(最初は、Nikon D90だが)、デジタル一眼レフによる動画撮影が注目されている。自分も、昨年、EOS 7Dを購入し、動画が撮影できる機材を入手したが、まだテストで子供を撮っている段階。

実は、昨年2月頃、仕事の都合上、ビデオカメラを購入(SONY HDR-XR520)したのだが、家庭用ビデオカメラは、ほとんど自動なので、面白みが全くなかった。一応、ピントも露出もそれなりで、そこそこの画は撮れるのだが、自分なりの味付けがほとんど出来ない。

10万以上するビデオカメラだが、実際の使用感は、3万円前後のコンパクトデジタルカメラ並だと思う。言い方は悪いかもしれないが、所謂、パパママカメラだ。

ビデオカメラは、一般消費者向けの製品と、業務用の製品とは、性能も価格も雲泥の差なので、アマチュア、フリーで映像を撮ろうと思うと、結構大変だと思う。

しかし、動画が撮影できるデジタル一眼レフが出てきたことで、一気に敷居が下がって来たと思う。あとは、道具をどう活かすだけだ。今年、一本でも作品としてまとめたらと思う。(こどもの作品になってしまうかもしれないが)

Comments (0)