Archive | 6月, 2013

Eye-Fi ProX2でもGRの選択転送が使えない→ファームアップで使用可に

Tags: , ,

Eye-Fi ProX2でもGRの選択転送が使えない→ファームアップで使用可に

Posted on 22 6月 2013 by nishikawa yoshiyasu

Eye-Fi ProX2とGRの接続テスト中。自動転送は安定しているが、選択転送はなかなか転送できず。先日の記事、「Eye-Fi mobiではGRの選択転送が使えない」に書きましたが、私の環境ではEye-Fi mobiとGR(2013 model)では、選択転送がうまく機能しません。メーカーの対応を待ってもいいんですが、試しに「Eye-Fi ProX2 16GB」の方も購入して試してみました。

結果、自動転送は、出先でも安定して機能しました。が、選択転送に設定した場合、何度やっても転送できませんでした(iPhoneとのダイレクトモードのみで検証)。

こうなると、GR本体側の不都合なのだろうか。Eye-Fiを使った画像の選択転送・リサイズは、iPhone・iPadと連携して使うにはとても便利な機能だと思っていましたが、まだまだ不安定なのかな。Eye-Fiのサポートの話では、GR側でEye-Fiを直接制御しているらしいので、カードによって相性問題が生じるのかな。まあ、とりあえずは、自動転送で使って、Eye-Fiかリコーの対応を待つこととします。

追伸:Eye-Fi ProX2の便利なところは、スマートフォンとのダイレクト接続以外に、家庭のWiFiルーターとも接続でき(mobiはダイレクト接続のみ)、Eye-Fi→WiFiルーター→(Eye-Fiのサーバー?→)iPhoneというルートで画像が転送できる点です。mobiだと、家庭や職場でWiFiルーターに繋がっていると、一旦、Eye-Fiに接続しないと、iPhoneに画像が転送できません。これが結構面倒です。AndroidではアプリでWiFiの接続先を変更できるようなのですが。

2013年10月3日追記:
本日のGRのファームウェアアップデートで、Eye-Fi ProX2の方でも選択転送が(今のところ)安定して使えるようになりました!

≫GRのファームウェアアップデートのページ

↑mobi 16GBとは実売価格が1,000円程度しか違わないので、パソコンでの設定が苦にならない場合は、ProX2の方が何かと便利かも。パソコンにも直接転送できるので。

Comments (2)

Eye-Fi mobiではGRの選択転送が使えない→ファームアップで使用可に

Tags: , ,

Eye-Fi mobiではGRの選択転送が使えない→ファームアップで使用可に

Posted on 20 6月 2013 by nishikawa yoshiyasu

Eye-Fi mobiはGRの選択転送にはまだ対応してないとのこと。現在対応を検討中だそう。先週発売になった「Eye-Fi mobi 16GB」を購入し、GR (2013 model)で使ってみようと試みました。が。。

「Eye-Fi mobi」については、メーカーのこちらのページに詳細があります。簡単に説明すると、SDHCカードにWiFi機能が内蔵されていて、iPhoneやiPadなどのスマートフォン、タブレットと直接WiFi接続し、撮影した画像が転送できるというものです。しかも、スマートフォン、タブレットのみで簡単に設定が可能というものです。

新しいGR (2013 model)は、このEye-Fiとの連携機能があり、画像を選択・縮小して転送できるという機能があります(通常のカメラでは、撮影した画像すべてを、そのままのサイズで転送します)。これだと、撮影後、iPhone等で使いたい画像だけを選んで転送できるので、WiFi内蔵のデジカメの様に使えます。

で、その購入したEye-Fi mobiをGRに入れて、iPhoneであれこれ設定をしてみましたが、どうしてもiPhoneがEye-Fi mobiのWiFiの電波を拾いません。一度だけWiFiの電波を拾って接続・転送できたもののそれっきりでした。GRのEye-Fi接続設定はちゃんと「ON(選択転送)」になっており、Eye-Fiの電源は入っているはずです。Eye-Fi mobiをEOS 5Dmk3に入れてみても、やはりWiFiの電波が拾えません。もしかしたら、初期不良かもと思い、購入したヨドバシ.comに問い合わせ、交換してもらいました。本日、交換品が届いたので、再度試してみたものの、やはりWiFi電波が拾えず。。今回も一度だけ接続・転送ができたものの、それ以後はだめでした。

交換しても同じ症状と言うことは、Eye-Fi mobiとGRの相性が悪いのかと思い、Eye-Fiのサポートに電話してみました。すると、現在、「Eye-Fi mobiではGRの選択転送が使えない」という状況を複数のお客さんから確認しているということでした。GRの発売開始時点で販売していたEye-Fiの製品では、選択転送の機能は使えるそうですが、GR発売開始以後に販売開始されたEye-Fi mobiは未対応だそうです。GRは選択転送の際、Eye-Fiを直接コントローしているそうですが、新商品のEye-Fi mobiでは正しくコントロールできないようです。現在、Eye-Fiとリコーで検討しているようで、後日、どちらかのファームウェアのアップデートで対応するそうです。選択転送に設定しておいても、一度だけ接続・転送ができたということは、一旦接続が切れた後の再接続がうまくいかないのかもしれません。

まあ、しょうがないので、当面は必要なときだけEye-Fi接続設定を「ON(自動)」にして使おうと思います。自動転送にしておくと、接続に時間がかかる場合があるものの、ちゃんと転送できました。EOS 5Dmk3でもWiFiの電波が拾えなかったのは、GRで一度選択転送を設定すると、Eye-Fi mobiに設定が書き込まれ、他もカメラでは問題が生じるそうです。GRで自動転送にしておけば、他のカメラでも問題なく使えるそうです。

2013年10月3日追記:
本日のGRのファームウェアアップデートで、Eye-Fi mobiで選択転送が(今のところ)安定して使えるようになりました!これで、必要な写真のみiPhoneに転送できるようになって、本来の使い方が出来るようになりました。

≫GRのファームウェアアップデートのページ

Comments (2)