Archive | 10月, 2017

Benq-SW2700PT-07

Tags: , ,

BenQカラーマネージメントディスプレイ SW2700PT モニターレポート

Posted on 30 10月 2017 by nishikawa yoshiyasu

10月1日から今日30日まで、BenQアンバサダーの製品モニター http://matome.agilemedia.jp/benq/ で、BenQカラーマネージメントディスプレイ SW2700PTを借りていました。なかなか、じっくりと試す時間がありませんでしたが、1ヶ月試用した感想等をまとめます。 

1.ディプレイのサイズ感・外観

Benq-SW2700PT-01BenQカラーマネージメントディスプレイ SW2700PTは27インチなので、かなり大きいです。今使っているiMac 27インチとほぼ同じ大きさです。まずは、机を整理して、置くスペースを確保することから始めました。

 

Benq-SW2700PT-02こちらが、ディスプレイをセッティングした様子です。幅150cmx奥行き75cmの机に設置していますが、キーボードも含めると、机の面積のほぼ半分を占めてしまいます。

27インチが二つ並ぶと流石に迫力があり、SW2700PTもiMacも共にワイド画面のため、左右の視線移動が大きくなります。SW2700PTをやや右に向けて配置しています。SW2700PTのスタンドは、左右、上向き・下向き、高さの調整ができ、見やすい位置、向きに簡単に調整出来ました。

 

Benq-SW2700PT-03SW2700PTを90度回転させると、縦位置で使用することができます(画像の向きの変更は、Macの場合、システム環境設定>ディスプレイから手動で変更する必要があります)。ただ、ワイド画面のため、かなり縦長の画面になってしまいます。

 

Benq-SW2700PT-04SW2700PTにはフードが付属しており、フードをつけると、照明スタンドを利用していても、画面が見やすくなります。

 

2.ハードウェア・キャリブレーション

Benq-SW2700PT-05SW2700PTはハードウェア・キャリブレーションに対応していますが、測色計は付属しておらず、手持ちのi1 Displayを使ってキャリブレーションを行いました(最初、i1 Display付属のi1ProfilerTrayを常駐させていたため、専用ソフトのPalette Master Elementでは、i1 Displayが認識されませんでしたが、i1ProfilerTrayを終了させたら大丈夫でした)。

 

Benq-SW2700PT-06キャリブレーションの結果はSW2700PT本体に登録されて、台座のOSDコントローラーに割り付けることができ、即座に呼び出せるので便利です。今回は、ボタン3に印刷用のキャリブレーション結果を割り当てました。デフォルトで、ボタン1にはAdobeRGB、ボタン2にはsRGBが割り当てられていますので、即座に切り替えることができます。ちなみに、真ん中のOKボタンを押すとメニューが表示されます。

 

Benq-SW2700PT-07キャリブレーションの結果です。写真では分かりづらいですが、SW2700PT(左)、印刷物(中央)、iMac(右、ソフトウェア・キャリブレーション済み)の色がほぼ同じに揃いました。

 

3.iMacのディスプレイとの比較

主に、写真の鑑賞、編集の場合での比較です。

*解像度

今使用しているiMacが5KのRetina Display(5120×2880) のため、SW2700PT(2560×1440)より、iMacの方が写真の解像感があり、よりシャープに表示されます。

*見やすさ

SW2700PTは、IPSパネルを使用したノングレアのため、照明の映り込みが無く、目にもやさしいです。iMacのディスプレイは光沢(ガラス)ですが、今使用している2017年モデルは、照明の映り込みが少なく、印刷用にキャリブレーション(D50)している状態であれば、色味も落ち着いていて目にもやさしいです。二つを比較すると、コントラストが高く、鮮やかなiMacのディスプレイの方が普段使いにはいいと思います。

 

4.結論:SW2700PTを買うかどうか?

SW2700PTは、27インチのAdobeRGBディスプレイの中ではコストパフォーマンスも良く、ディスプレイを1台しか使用しないのであれば、お薦めです。しかし、私は、現在iMac 27インチ(5K, 2017)を使用しており、サイズが同じ27インチで、しかもRetina Displayであるため、無理にSW2700PTを購入する必要は無いと感じました。

また、この一ヶ月、27インチ2画面で作業してきましたが、左右の視線移動が大きく、首が少し疲れてしまいました。これまでは、EIZOの古いL567(17インチ)をサブとして使ってきましたが、27インチのサブとしては、このくらいのサイズ(17インチ)がちょうど良さそうです。ただ、L567は古くてHDMIが無いため、いずれは買い替えようと思います。

 

最後に、駆け足のレポートでしたが、今回、SW2700PTを試用することができ、今後のディスプレイ買い替えの参考になったと思います。BenQアンバサダーの製品モニターでは、プロジェクターも試用できるので、次回は、プロジェクターも試してみようと思います。

Comments (0)