Archive | notes

他人の作品を

Tags: , ,

他人の作品を

Posted on 24 4月 2013 by nishikawa yoshiyasu

妻の絵本展に向けて、ポストカードとミニ冊子を製作中。なんか楽しい。今週から始まる、妻が参加する「絵本展」に向けて、ポストカードとお話しのミニ冊子を制作中。

他人の作品をプロデュースしたり、アレンジしたりするのは、純粋に楽しめます。絵を描いている本人は、後半は結構大変そうでしたが。自分一人で作品(私の場合「写真」)を撮り、プリントし、展示構成を考えたりするのは、やりがいがあるが、しんどく感じてしまう場合もあります。

さて、絵本展の作品は明日搬入。会期は4月27日(土)か5月6日(月)まで。詳しくはこちらをどうぞ。お時間ある方ぜひ!

Comments (0)

フレスコジクレーという紙

Tags: , ,

フレスコジクレーという紙

Posted on 22 3月 2013 by nishikawa yoshiyasu

フレスコジクレーの箱先月、エプソンプロセレクションブログの「フレスコジクレー 体験モニターキャンペーン」に応募したら、見事当選し、先月末に「フレスコジクレー」A3ノビ20枚(TypeSとRの2種類、それぞれ10枚)がエプソンより送られてきました。

そのうち試してみようと思っていましたが、3月前半は写真展の準備、確定申告の準備等で日が過ぎてしまい、気がつくとモニターの条件であるプリント送付の期限が過ぎてしまいました。エプソンさんからの「プリントは送付されましたか」のメールに、「明日送付します」と返信して、いそいそとフレスコジクレーの封を切りました。。 Continue Reading

Comments (2)

仕事部屋

Tags: , ,

仕事部屋

Posted on 28 5月 2012 by nishikawa yoshiyasu

なんとか仕事部屋決まりそうかな。家族で枚方市に引っ越してから、あっという間に一年が過ぎました。「とりあえず」のつもりで、自宅の一室を仕事部屋として使っていましたが、子供たちが大きくなるにつれ、だんだんと自宅で仕事をするのが難しくなってきました。

そこで、ようやく近くに仕事部屋を借りることにしました。徒歩5分程度の距離にある、広めの1Kの部屋です。今の自宅の一室の倍の広さがあるので、Macでのデザイン作業の他、簡単なスタジオを組んで、写真もいろいろ撮ろうかなと考えています。

自宅兼仕事部屋は、場所代や設備を節約できていいんですが、なかなか自分自身のONとOFFが切り替えられず、作業効率的には「うーん」と考えてしまうことも多々ありました。外に仕事部屋を持つということは、仕事部屋に行けばON、自宅に帰ればOFFの切替ができる「はず」なので、精神的には少し楽になりそうです。ただ、部屋代の他、ネット環境など、あたらに用意すべき設備がいろいろとあり、お金がいろいろ掛かってくるので、その分、新たな分野を開拓して稼いでいかねばと思っています。

部屋は6月から借りる予定ですので、6月前半に、ゆるゆると荷物などを移して、環境を構築していこうと思っています。

ちなみに、空いた自宅の一室は、子供部屋(主に長男と次男の)になる予定です。こちらもどうなるかな。

Comments (0)

GXRとモノブロックストロボでお花の撮影

Tags: , , , , ,

GXRとモノブロックストロボでお花の撮影

Posted on 13 7月 2011 by nishikawa yoshiyasu

先日、GXRとモノブロックストロボでお花の撮影をしました。

いつもは、EOS 7Dとマクロレンズ、モノブロック等の重装備で、電車移動が大変でした。。が、今回は、カメラをGXRとA12 50mm、A12 28mmにしたため、MacBook Airを一緒に入れても、軽量コンパクトにまとまりました。(重量はそこそこありますが)

また、GXRはレンズシャッターのため、ストロボは全速同調可能(通常の一眼レフのフォーカルプレーンシャッターでは、1/60〜1/250)となり、シャッター速度を速くして、絞りを開けて撮影することができました。

先日のGXR+モノブロックでの撮影風景。モノブロックはGXRにニコンのシューアダプター?を装着してコードで接続。そのため、ビューファインダーは使えず。左の写真が、撮影時のセッティングです。モノブロックは150Wの小さいもので(プロペット MONO150N)、これにソフトライトBOXの50x50cmを取り付けています。

GXRにはシンクロ端子が無いので、ホットシューにアダプター(Nikon ホットシューアダプタ AS-15 )を付けて、モノブロックと接続しています。

このセッティングで、モノブロックの光量を最小に絞って(19W相当)、F4.0 1/1000で撮影が可能でした。

GXRのシャッターは絞りも兼ねているため(多分)、絞りによって最速のシャッター速度が違います。A12 50mmでの絞りと最速シャッター速度は以下の通りでした。

マニュアル、ISO200
F2.5     1/1000
F2.8     1/1250
F3.2     1/1600
F4.0     1/2000
F5.0     1/2500
F7.1     1/3200

GXRとモノブロックでの撮影の利点は、やはり、カメラが軽くて取り回しが楽な点です。いい意味で、気楽に写真が撮れます。

欠点は、ホットシューにアダプターを取り付けるため、ビューファインダーが使えない点です。しっかり構図を考えたり、ピントを確認するには、ビューファインダーを使った方がやりやすいです。が、液晶モニターを見ながらの撮影も、自由なアングル(もしくは、「いい加減」なアングル)で撮影できるので、これも場合によってはいいかもしれません。

次回は、モノブロックの替わりに、クリップオンタイプのストロボを使って、更なる軽量化を図ろうかと考えています。

ちなみに、今回撮影したお花の写真は、下の様な感じです。

shakuyaku 1106 #3shakuyaku 1106 #7shakuyaku 1106 #8

Comments (0)

青空の下で

Tags: , , ,

青空の下で

Posted on 21 5月 2011 by nishikawa yoshiyasu

play outside #1今日は、次男まめを長男たろうと幼稚園に迎えに行き、園庭で少し遊んで帰りました(私は写真担当)。ここ数日、真夏の様な天気が続き、今日もちょっと動くだけで汗がにじんできました。そんな中、子供たちは元気に走り回っていました。

しかし、今、福島では原発の影響で屋外活動が制限され、外で遊べない子供たちがたくさんいるとのこと。しかも、この制限はいつまで続くか分からない。もしかしたら、数年以上続いてしまうかもしれない。子供はもとより、学校や幼稚園等に関わる人たちも、とても大変だと思います。子供は、「○○をしちゃだめ」と言われるのが一番嫌だと思うし、ストレスにもなってしまうし。

私の実家は福井ですが、福井にも十数基の原発があり、自分が子供の頃に地震等で原発に重大な事故が起こっていたら、今の福島の子供たちと同じ状況になっていたかもしれません。そう思うと、福島のことは、とても人ごとと思うことはできません。

今はただ、福島の原発の状況がこれ以上悪くならないことを願うばかりです。後の世代に負の遺産を残し続ける原子力発電は、根本的に見直すべきだと思います。原子力発電を建設、推進してきた人たちは、自分たちの子供、孫の将来について考えはしなかったんでしょうか。

大阪の青空の下、福島の空の下のことをつらつら考えていました。

play outside #2play outside #3

Comments (0)