Tag Archive | "こども"

青空の下で

Tags: , , ,

青空の下で

Posted on 21 5月 2011 by nishikawa yoshiyasu

play outside #1今日は、次男まめを長男たろうと幼稚園に迎えに行き、園庭で少し遊んで帰りました(私は写真担当)。ここ数日、真夏の様な天気が続き、今日もちょっと動くだけで汗がにじんできました。そんな中、子供たちは元気に走り回っていました。

しかし、今、福島では原発の影響で屋外活動が制限され、外で遊べない子供たちがたくさんいるとのこと。しかも、この制限はいつまで続くか分からない。もしかしたら、数年以上続いてしまうかもしれない。子供はもとより、学校や幼稚園等に関わる人たちも、とても大変だと思います。子供は、「○○をしちゃだめ」と言われるのが一番嫌だと思うし、ストレスにもなってしまうし。

私の実家は福井ですが、福井にも十数基の原発があり、自分が子供の頃に地震等で原発に重大な事故が起こっていたら、今の福島の子供たちと同じ状況になっていたかもしれません。そう思うと、福島のことは、とても人ごとと思うことはできません。

今はただ、福島の原発の状況がこれ以上悪くならないことを願うばかりです。後の世代に負の遺産を残し続ける原子力発電は、根本的に見直すべきだと思います。原子力発電を建設、推進してきた人たちは、自分たちの子供、孫の将来について考えはしなかったんでしょうか。

大阪の青空の下、福島の空の下のことをつらつら考えていました。

play outside #2play outside #3

Comments (0)

新しい生活

Tags: , ,

新しい生活

Posted on 22 4月 2011 by nishikawa yoshiyasu

with rainbowgood visibility!fufun..

久しぶりの更新です。

先月、家族みんなで枚方市へ引っ越しして、ちょうど一ヶ月。新しい場所で、新しい生活が始まりました。

今月、長男たろうは小学校へ、次男まめは幼稚園へ、無事入学、入園しました。たろうは集団登校で通学、まめはバスで通園するので、今までのような送り迎えがなく、楽だけど、なんか物足りないような日々です。

最初はバタバタしていましたが、なんとか、それぞれが、それぞれの生活のリズム、居場所が定まってきて、少し落ち着いてきました。

仕事部屋も、とりあえず自宅の一室に確保して、ようやく通常の作業環境に戻りつつあります。本当は、外に仕事部屋を借りたいものですが、もう少し様子を見てから考えようと思います。

とりあえず、ご報告まで。

Comments (0)

幼稚園のパンフレットとweb制作

Tags: , ,

幼稚園のパンフレットとweb制作

Posted on 23 8月 2010 by nishikawa yoshiyasu

in Fukushima #1この一ヶ月で急ぎ制作していた幼稚園のパンフレットとwebが完成しました。(webは突貫工事なので、仮公開ですが)

依頼は、青年海外協力隊の同期隊員で、連絡を取ったり、会うのは十年以上ぶりでしたが、スムーズに話が進みました。同じ釜の飯を食った者同士(協力隊は派遣前に約2ヶ月間、訓練所で生活を共にします)、多くを語らなくても、どこかしら通じるものがあるのかもしれません(自分がそう思っているだけかもしれませんが)。

その幼稚園は福島県にあり、一度訪問しましたが、自然に囲まれた素敵なところでした。そういえば、自分の幼稚園も、田舎の小学校併設の幼稚園だったので、どことなく懐かしい雰囲気でした。

都会の狭い幼稚園に通う長男たろうにも、一度見せたいなと思いました。

今は都会っ子のたろうですが、大きくなる前に、一時期は田舎の生活をさせてあげたいなと思います。田舎は自然環境が厳しく、不便な面も多々ありますが、その厳しさ、不便さから、何事にもへこたれない性格が生まれてくるものだと思っています。(自分がそうだったので)

≫石川文化幼稚園・クローバー保育園

in Fukushima #2in Fukushima #3in Fukushima #4

Comments (0)

赤ちゃんのいる日常

Tags: , , ,

赤ちゃんのいる日常

Posted on 09 7月 2010 by nishikawa yoshiyasu

sleeping.. このブログの更新が滞っている間に、家族が一人増えました。生後47日、女の子「すず」です。

三年ぶりの、赤ちゃんがいる日常です。すずはまだ小さいので、それほど大変では無いですが、家族それぞれ、新しい生活が始まっています。

母(妻)は、おっぱい→おむつ替え→寝かしつけという、無限ループで奮闘しています。

長男たろうは、歳がちょっと離れているせいか、純粋に妹をかわいがっているよう。時々、いらい過ぎて起こしてしまいますが。

次男まめは、新たなライバル登場で、ちょっと混乱気味?夜中に泣き出したり、赤ちゃん返りでおっぱいを求めたりと。三年前のたろうを見ているようです。なるべく、まめの味方になってあげよう。

そして、父(私)は、すず寝かしつけ担当で、黄金の左腕?で意味なくだっこする日々です。たろうの時は、化学実験のように、温度計片手にミルクを調合していましたが、母乳一筋のまめ、すずの場合は、主に上の子の世話です。まめが赤ちゃんの時は、たろうとよく早朝散歩に行ったものです。

まめの赤ちゃん返りが落ち着いたら、たろうとまめを連れて外を彷徨うことが多くなるのかな。今でも、時々、たろうとまめで水門探検に行っていますが。

尻無左8号。尻無川探検中。こっちは尻無左13号。幼稚園の帰り道に水門探検。尻無左14号。

Comments (0)

こどものいる日常

Tags: ,

こどものいる日常

Posted on 03 4月 2010 by nishikawa yoshiyasu

go?妻の実家に行っていた、長男たろうと次男まめが帰ってきた。

こどものいない妻と二人だけの静かな日々が終わり、また、日常が始まった。

やっぱり、我が家には、こどものにぎやかな声が、けんかの声が、泣き声がしっくりくるなあ。

明日も、たろうに朝早く起こされるかな。そろそろ、子らの布団に潜り込まなくては。

こどものいる日常に感謝。

Comments (0)