Tag Archive | "music"

Tags: , , ,

同学年

Posted on 14 1月 2010 by nishikawa yoshiyasu

来週、オリジナル・ラヴのライブに行くので、久しぶりにいろいろ曲を聴き始めました。

オリジナル・ラヴの田島貴男は、ピチカート・ファイヴで活動していた時期があり、YouTubeで久しぶりにその頃の曲を聴きました。 いまの田島貴男もいいですが、こっちの方が好きかな。1988年から1990年だから、今から20年前になるんですね。でも、全く古さを感じず、かえって新鮮に聴こえます。

名作「ベリッシマ」のCDは持っていましたが、実家のどこかに眠っているかもしれません。探せば見つかるかもしれませんが、実家は遠いので、思わずアマゾンで注文してしまいました。ついでに、2004年に発売されたベスト盤も。

来週のライブでも、昔の曲をいろいろやってくれるといいな。

ちなみに、田島貴男と私は同学年(丙午)なので、とても親近感が湧きます。ライブで、力を振り絞って歌っているの見ると、「自分ももっといろいろやらんとな」と思います。

Comments (0)

Tags: , , ,

overdrive

Posted on 27 12月 2009 by nishikawa yoshiyasu

早いもので、フィリピンから帰国してもう10年が過ぎました(1999年12月に帰国したので、ちょううど10年)。フィリピンに居たのはたった3年間でしたが、とても濃い時間を過ごした気がします。

フィリピンの部屋にはテレビが無かったので、ラジカセでFMを聴いたり(たくさんのFM局がありました)、カセットテープで音楽を聴いていました(当時はレコード店ではテープが主流で、CDは少なくテープの3倍以上の値段でした)。

タガログ語(一応、フィリピンの国語)の響きは、どことなく日本の方言に似ているような気がして、とても親しみを感じます。エレキギターの格好いいメロディに乗せて歌っても、英語だと決まりますが、タガログ語だと、すこし鈍くさく響き、愛敬があります。

最近、iTunes Storeで、フィリピンの音楽が購入できることを知って、またいろいろ聞き始めました。

なかでもお気に入りは、Barbie Almalbis(iTunesにリンク)という女性シンガー。以前は、Hungry Young Poets、Barbie’s Cradle(iTunesにリンク)というバンドのボーカルでしたが、いつの間にかソロになっていました。

そのBarbieの「Parade」(iTunesにリンク)というアルバムの「Overdrive」という曲を聴くと、フィリピンをジプニーやバスで移動していた頃を思い出します。

いつか、こどもと妻を連れて、またフィリピンに行ってみたいなと思います。あの空、風、笑顔、道ばたに寝転ぶ犬、夜に鳴くヤモリ(ブティキ)、いろんなものを見せ、聴かせ、感じさせたいと思います。

Comments (0)