Tag Archive | "Philippines"

hinay hinay lang!

Tags: ,

hinay hinay lang!

Posted on 09 1月 2011 by nishikawa yoshiyasu

2011年 年賀状すっかり年が明けきってしまいましたが、今年もよろしくお願いします。

今年の年賀状のタイトルは、「hinay hinay lang!」です。これは、フィリピン南部(ビサヤ・ミンダナオ地方)の言葉で、「ゆっくり行こうよ」という意味です(確か)。

フィリピンも今はどうか知りませんが、私が居た頃(1996〜1999年頃)のダバオ(ミンダナオ島の都市)は、ゆったりとした時間が流れていました。

街中のショッピングセンターも、とりあえず2階ぐらいまで出来たら営業を開始し、儲かってきたら上に横に建て増ししていました。普通の住宅や学校もそんな感じで、建設進行中(または増築断念)の鉄筋むき出しの建物が、あちこちにありました。

ある意味、自分らの身の丈にあった生活をしていたのかもしれません。

まあ、私はいつでもゆっくりと亀のような歩みですが、これからも、家族ともどもあせらず、ゆっくり一歩一歩前に進んでいこうと思います。

Comments (0)

Tags: , , , ,

手軽な機材で映画が撮れる時代

Posted on 10 1月 2010 by nishikawa yoshiyasu

偶然見つけた、EOS 7Dで撮影したショート・ドキュメンタリー映像。フィリピンをフィリピン人が撮影しているみたいだが、なかなかいい感じ。フィリピンの内面がよく出ている。

一昨年後半、EOS 5D markIIが出てから(最初は、Nikon D90だが)、デジタル一眼レフによる動画撮影が注目されている。自分も、昨年、EOS 7Dを購入し、動画が撮影できる機材を入手したが、まだテストで子供を撮っている段階。

実は、昨年2月頃、仕事の都合上、ビデオカメラを購入(SONY HDR-XR520)したのだが、家庭用ビデオカメラは、ほとんど自動なので、面白みが全くなかった。一応、ピントも露出もそれなりで、そこそこの画は撮れるのだが、自分なりの味付けがほとんど出来ない。

10万以上するビデオカメラだが、実際の使用感は、3万円前後のコンパクトデジタルカメラ並だと思う。言い方は悪いかもしれないが、所謂、パパママカメラだ。

ビデオカメラは、一般消費者向けの製品と、業務用の製品とは、性能も価格も雲泥の差なので、アマチュア、フリーで映像を撮ろうと思うと、結構大変だと思う。

しかし、動画が撮影できるデジタル一眼レフが出てきたことで、一気に敷居が下がって来たと思う。あとは、道具をどう活かすだけだ。今年、一本でも作品としてまとめたらと思う。(こどもの作品になってしまうかもしれないが)

Comments (0)

Tags: , , ,

overdrive

Posted on 27 12月 2009 by nishikawa yoshiyasu

早いもので、フィリピンから帰国してもう10年が過ぎました(1999年12月に帰国したので、ちょううど10年)。フィリピンに居たのはたった3年間でしたが、とても濃い時間を過ごした気がします。

フィリピンの部屋にはテレビが無かったので、ラジカセでFMを聴いたり(たくさんのFM局がありました)、カセットテープで音楽を聴いていました(当時はレコード店ではテープが主流で、CDは少なくテープの3倍以上の値段でした)。

タガログ語(一応、フィリピンの国語)の響きは、どことなく日本の方言に似ているような気がして、とても親しみを感じます。エレキギターの格好いいメロディに乗せて歌っても、英語だと決まりますが、タガログ語だと、すこし鈍くさく響き、愛敬があります。

最近、iTunes Storeで、フィリピンの音楽が購入できることを知って、またいろいろ聞き始めました。

なかでもお気に入りは、Barbie Almalbis(iTunesにリンク)という女性シンガー。以前は、Hungry Young Poets、Barbie’s Cradle(iTunesにリンク)というバンドのボーカルでしたが、いつの間にかソロになっていました。

そのBarbieの「Parade」(iTunesにリンク)というアルバムの「Overdrive」という曲を聴くと、フィリピンをジプニーやバスで移動していた頃を思い出します。

いつか、こどもと妻を連れて、またフィリピンに行ってみたいなと思います。あの空、風、笑顔、道ばたに寝転ぶ犬、夜に鳴くヤモリ(ブティキ)、いろんなものを見せ、聴かせ、感じさせたいと思います。

Comments (0)